各地に名所の役割について

その年の1月1日に住んでいる地域で課税されます。
実際には生活していなくても、1月1日の時点で住民票に記載されている住所が済んでいる地域として認識されます。
金額は、前年の1月から12月までの所得金額に応じて計算された額と、定められた額で一律に課される額を合算した金額です。
新社会人などは前年の所得が少ない場合が多いので、社会人1年目は納付金額が発生しないケースがほとんどです。
逆に、社会人として働いて退職した場合、納税する時は無職でも前年の所得があるため税金が発生します。
こうした場合や所得の低下で住民税の納付が難しい場合は、所定の窓口に相談し、金額の減免や納付の免除申請が出来る場合もあります。
基本的な納付方法は、個人であれば自宅に納付所が届き期限内に納付する。
給与所得がある場合は、会社で毎月の給与から天引きされます。
給与から天引きされる場合は毎月ですが、個人での納付は1期~4期に分かれ、3ヶ月分をまとめて納付するのが一般的です。